« キヤノン オールウエザーケース AW-DC30がなくなる !? | メイン | 三線(サンシン)始めました! »

iTMS、開始4日で 100万曲中の1曲はハイサイおじさん

iTMS
2005年8月4日、ついに日本でもiTunes Music Store(以下iTMS)が開始されましたね。自分はCDをすぐ買ってしまうタイプ、ちょっとは音質にもこだわっているので、まさか自分がインターネットで音楽を購入することはないだろうと思っていましたが、あっさり考えを改め購入しちゃいました。

日本の楽曲はどのアーティストがフォローされているのだろうかと、軽い気持ちでiTunesを起動しiTMSを見てみる。おお、iTunesオリジナル曲が配信されていたりしてマニア心をくすぐる演出もいいですね。最近ハマっている美ら歌(沖縄音楽)はあるかな?と検索。「ハイサイおじさん」喜納昌吉&チャンプルーズもあるのね、ちょっと試聴。うーん、今、1曲全部聴きたいなぁ、150円かぁ、500mlのジュースと一緒か、一曲だけなら…とポチッとな。ハイ数秒でダウンロード完了(2005年8月4日)。

そうです、記念すべき100万曲のなかの1曲はワタクシの購入した「ハイサイおじさん」喜納昌吉&チャンプルーズ(笑)なのです。

はっきり言ってiTMS危険です。うっかり検索しようものならどんどん買ってしまいそうです。それ以来、iTMSを覗かないように封印しています。

自販機やコンビニと一緒ですね。必要な時にそこにあるというビジネスモデル。iTunesアプリケーションとの連動で楽曲の管理もカンタン。これは他社にない強みですね。現時点で最強の音楽配信ビジネスです。

しかも、ロングテール理論のビジネスモデルとも合致。過去の楽曲が豊富に在庫されているということが重要なポイントで、新作だったら大抵のCDショップにありますが、旧作は探してもないことが多いですね。逆にインターネットならば検索一発で見つかりますのでインターネットの親和性とも抜群です。

だからといって、自分はCDを購入しなくなるというわけでもなさそうです。やはり、CDで欲しいものは欲しい。まだ音質はCDの方がいいですから。じっくり聴きたいものはCDで買うと思いますね。アルバムとしてジャケットから受けるイメージも重要な要素だと思います。まあこれは個人的な意見ですので、今後、音楽業界がどうなるかはわかりません。


アップルコンピュータ:Apple Store

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.under.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/85

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

アーカイブ